更年期について

                        日本産科婦人科学会2000より引用


女性は、40歳位からエストロゲンという女性ホルモンが一気に減少しはじめることで、
身体だけでなく精神状態などにも影響を及ぼすのではないかと考えられています。
エストロゲンは妊娠や月経を司り、髪や肌にツヤを与え、
血管や骨の健康を保ち脳や自律神経のバランスまで整えるホルモンなので、
体や精神状態に影響を与えると考えられています

 

            NPO法人女性の健康とメノポーズ協会HPより引用

 

更年期の特徴(図)・・・・病院へ行くほどでもないが辛い
または病院へ行っても解決しない(特に身体的には悪いところがない)
更年期はしようがないものなので治まるのをじっと待つ、というのが現状です

 

毎月のつらい生理や、出産を乗り越えてきた女性はなんともガマン強いのです!


  • メノポーズ世代の9割近い女性が何らかの不調を感じていると言われています
  • 更年期症状が強く、更年期障害と診断される人は3割前後  <NPO法人女性の健康とメノポーズ協会アンケートより引用>
  •  

【更年期世代へのサポートは必要です】


誰でも通る道なのに、見過ごされてきたこの世代のケア。
現在、行政・民間を合わせると産後ケアは産後ママ事業、助産師による新生児訪問、助産所などでのサポートプログラムなどがあります。
シニアに関しては介護予防教室、元気生き生きシニアサポーター事業などがあります。
更年期世代はどうでしょうか?
「静岡市 更年期」で検索すると、病院がズラリと並ぶのみです。
個人で活動している方はいると思いますが、身体と心をトータルでサポートしている団体はほとんどないのでは?
首都圏では更年期のサポートを掲げる団体の活動があります。
静岡には「花咲く40colors」がある、そう言ってもらえるように。